facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
五月病対策のツボ

新年度に入り約一か月、新天地での活動を始められた方も新しい仲間と出会えたり、
周囲の状況も見えてくるようになったりと、少しずつ新たな環境に慣れつつある時期
かと思われます。


とはいえ、以前の環境からガラリと変わり、慣れてきたとはいえ日々緊張感と気疲れから
心身ともに疲れはかなり溜まってきているのではないでしょうか。

そうした中、コロナ禍の行動制限明け、当たり前の日常生活に戻ってから
約一年が経とうとしております。
普通の生活には戻ったものの、やはり以前とは違う新たな生活環境となった
場面も少なくありません。
特に働く環境は、かつてのように一様に会社へ通勤し、会社のオフィスで働き、
仕事を終えたら家に帰るスタイルであったものから、

自宅にいたまま働く在宅ワークを採り入れる機会も多くなり、
会議や打ち合わせもオンラインで済ますなど、
人の移動時間が格段に短縮されるようになってきました。


また、人と人のコミュニケーションの取り方も変わりつつあり、
これまでよりも人との距離感・パーソナルスペースにもより配慮が必要となり、
例えばコンプライアンス問題といった言葉も当たり前の社会になりますと、
人との接し方も考えなければならなくなりました。


こうした社会環境の変化がある中、
ただでさえ新天地での生活は期待と不安入り混じる中、
常に緊張の毎日であります。

また最初の頃はペース配分も分かりませんし、
気づかぬうちにオーバーペースとなり、
いつしか自分のキャパシティーを超えてしまっている
ことも考えられます。

そうした中でも何とか少しずつ新しい環境にも慣れ、
生活リズムも出来つつある中で迎えるのが、
ゴールデンウイークであります。

因みに今年は中盤3日の平日を挟み、
前半3連休後半4連休となっております。


新年度から一か月、
ようやくこれまでの緊張感からも解放される
連休であります。
目覚まし時計の音に起こされることなく好きな時間に起きて、
次の日を気にすることなく夜更かしも出来るとなれば、
やはり生活リズムも乱れがちとなってしまいます。

そして楽しい時間というのは、あっという間であります。


こうしていざ連休明けになりますと、
無気力・不安感・焦燥感といった精神的な面に加え、


身体的な面では、
食欲不振・腹痛・下痢・吐き気といった胃腸に関する症状

頭痛・めまい・動悸・不眠といった自律神経に関する症状
が起きてきたりします。


また、行動面でも過食やお酒やたばこの量が増えることも
伴うこともあります。


これは、これまで蓄積された疲労の結果から
心身の適応能力の限界を超えてしまう、
いわゆる「五月病」というものであります。

ということで、今回は五月病特有の原因のよく分からない
慢性的な 体の不調や、疲労感を取るのに役立つツボを
幾つかご紹介いたします。
特に心身の疲労回復に良いとされるツボを取り上げてみました。

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。

湧泉三陰交足三里豊隆陰陵泉曲泉内関神門
膻中中脘肓兪期門気海神道神堂心兪筋縮
肝兪腎兪天柱百会通天絡却 


まず五月病で大敵なのはストレスを溜め込むことです。
病気と同じように最初は小さなストレスでも、
溜め込み続けますと気づけば心身の大きな負担となることもあります。
例えば心置ける友人にちょっとした愚痴をを聞いてもらったりする
だけでも気持ちが軽くなったりするものであります。


そして、頑張り過ぎないということも大切なことです。
ここまで自分の限界を超えて頑張り過ぎていませんでしたか?

無理を押し通しても、身の丈以上の事をし続ければ、
その負担はいずれ心身に現れてきます。
出来ないことを無理して何でも一人で抱え込まず、
周囲に助けを借りましょう。


どうしようもなく逃げ出したくなったら無理することなく、
その環境から離れてみましょう。

また人生何事も完璧には行くことはなく、
失敗はつきものであります。
これも後の人生に繋がる糧となるくらいに考え、
スパッと次に切り替えていきましょう。

日々の生活としましては生活リズムの乱れに注意しましょう。
特に不眠は体内時計を乱す要因となります。
最近は特に在宅ワーク中心の生活をされている方も多く、
気づけば一日家から出なかったということもあります。
そうしますと、どうしても運動不足気味となってしまい、
なかなか寝付きにくくなってしまうこともあります。


また同様に休日何度なく自宅でダラダラ過ごし、
気づけば夕方なんてことになっていれば、
憂鬱な気分に拍車がかかってしまいます。

こうした時は気持ちが落ち着く場所へお出掛けしたり、
体を動かしたり、趣味に没頭してみるのも一つの方法です。

それでもやる気スイッチが起きない時は、
五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を意識することがおススメです。

空を出来るだけ遠く広く見渡し、
何気ない自然の音に耳を傾け、
美味しい空気でゆっくりと深呼吸をしてみる。
食事はゆっくり噛みしめ、じっくりと味を堪能する。
体を完全に脱力して重力を肌で感じてみる。
普段は無意識にしているところを、
意識的に体感してみては如何でしょうか。

また少し宣伝となってしまいますが、
五感を感じるという意味では鍼灸治療もお勧めです。

一生懸命になることは大切なことですが、
今の自分が出来るものみも限界というものがあります。
ましてや最初から完璧に出来る人など誰もいません。
ですから出来ないからと自己否定するのではなく、
今の自分を素直に認めてあげこともまた肝要なことであります。

今や総スマホ時代、デジタル化も急速に進んでいる世の中であります。
そのため直接会って人と話す機会は随分と減ってしまいました。
その代わりに、SNSを使い不特定多数の人と繋がることが
出来るようになりました。


しかしネット上の繋がりは、希薄で移ろいやすいものであります。
し本当に悩み辛さを抱えていたならば、
ネット上で誰彼とで吐き出すのではなく、
心許して話せる仲間に今の思いを伝えましょう。
そして一人背負い込むことなく、
何処かでその背負い込んだものを下ろせる場所で下ろし、
少しでも身軽にしておきましょう。


明るく楽しく元気よく過ごせてこその人生であります!