facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
梅雨だる対策のツボ。

日本の四季の有り様も、昨今は大分様変わりしてきまして、
特に春や秋を感じられる時期が本当に短くなったように
感じられます。
ようやく過ごしやすい季節を迎えたかと思えば、
そろそろ梅雨入りの声も聞かれようかという
時期にもなってきました。
梅雨と言えば、ほぼベッタリと低気圧が日本列島を覆い、
どんよりとした空模様が続く日照不足、長雨による高湿度、
日により気温が大きく上下する等々、
一年のうちで一番キツイ季節かもしれません。

梅雨時期は「風」「寒」「湿」を伴う季節でもあり、
これらは「痺症(ひしょう)」という人の体に悪影響を
もたらす原因となります。

「痺」とは詰まって通じないという意味で、
湿気の多い住環境、汗をかいた後に風に当たる、
水にぬれた後に冷たい空調を受けるなどが原因で、
体の流れが滞り、体調を崩すということを指します。

さらに現在もコロナ禍でマスクを常時着用、
これまでの心的ストレスも溜まっていることと
思われます。

そうした中におりますと、
「だるい」「体が重い」「憂鬱な気分」
「やる気がない」「疲れが抜けない」などという
所謂「梅雨だる」に陥りやすくなります。

また「梅雨だる」が蓄積してきますと、
「頭痛」「めまい」「肩こり」「むくみ」
「下痢」「微熱」「冷え」などをといった
自覚症状を伴う場合もあったりします。

ということで、今回は梅雨だる特有の原因のよく分からない
体の不調や慢性的な疲労感を取るのに役立つツボを幾つか
ご紹介いたします!

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、シンプルに今自分が気になる
体の場所や押してみて痛かったりする場所と、今回紹介しました
ツボの中で近い位置にあるツボへ、まずはお灸やツボ押しをして
みてください。

ツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。

湧泉三陰交足三里陰陵泉内関 合谷手三里曲池労宮
膻中中脘肓兪期門気海関元厥陰兪心兪肝兪三焦兪
腎兪志室天柱肩井頷厭

また日頃の対策としまして、ぬるめの温度でゆっくり長く入浴して
心身の疲れを取るのが良いでしょう。


合わせてお湯で温めたタオルを目に当てておくのもお勧めです。

お日様が出た日には日光浴をすることも
取り入れておきましょう。

またジメジメ蒸し暑い時期でもありますので、
食事の際はどうしても冷たいものを口が欲してしまいますが、
お味噌汁など一つは温かなものを摂り入れるように
しておきましょう。

他には、ストレッチをマメにしておくのも効果的です。
その中で、肩甲骨内側のゴリゴリ感、
私的には「気疲れのコリ」と呼んでおりますが、
そこのストレッチを紹介します。
まずは腕を水平位置にして、壁または何かに掴まります。
手の位置はそのままに、そこから体を一歩前に進みますと、
肩甲骨内側にグッと入る感じとなります。
或いはご自宅でストレッチポールを使ったり、
また、今は懐かしぶら下がり健康器のような
ものも良いかもしれません。

ともあれ、生活リズムを乱さず、日頃から疲れをため込まない
ようにすることが肝要となります。
本格的な夏を前に「梅雨だる」せぬよう気を付けていきましょう!