facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
五月病対策のツボ。

新年度に入り、新天地での活動を始められた方も多い中、
それぞれ環境も大きく変わり、期待や不安、普段以上に
日々緊張感も抱えている状況で、気疲れすることも多い
ことと思われます。

更に加えて、一年以上も続くコロナ禍の収束も見通し立たず、
未だ感染リスクに備えた行動制限もあり、なかなか思うように
動くことが出来ないこともあることでしょう。

そのような状況下で、最初から普段の力以上に頑張りすぎてしまい、
ピンと緊張感張りつめたまま一か月を過ぎた頃に迎えるのが
大型連休ゴールデンウイークであります。

一息つくにはちょうど良い連休ではありますが、
今はコロナ禍で好きなところへ出掛けたり、
人と会うのもままならず、なかなか思うような
気分転換も難しいのが現実です。

すると今までの緊張が一気に緩み、
途端心身ともに疲労感が襲い、
休み明け早々「五月病」なんてことにも
なりかねません。

ということで、今回は五月病特有の原因のよく分からない
慢性的な 体の不調や、疲労感を取るのに役立つツボを
幾つかご紹介いたします。
特に精神的疲労に良いとされるツボを取り上げてみました。

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。

湧泉三陰交足三里陰陵泉曲泉内関神門
膻中中脘肓兪期門気海神道神堂心兪
筋縮肝兪腎兪天柱百会通天絡却 

五月病は生活リズムの乱れが大敵であります。
特に、平日と休日の就寝起床時間のバラツキは
体内時計を乱してしまいますので、
休みの日も出来る限り普段と変わりないように起床し、
睡眠が足りない分は、15~30分程度の昼寝で補うように
しましょう。

また休日自宅内で一日過ごしてしまいますと、
どうしても運動量が落ち、日に当たる時間も
少なくなってしまいますので、日光浴も兼ねて
ウォーキングや散歩をしておくのもお勧めです。

現状コロナ禍では不特定多数の人と会ったり、
長時間の飲食などは難しいですが、
親しい仲間とオンラインであったり、

短時間でも会って話したり、
或いは趣味に興じたりなど、
少しでも生活にメリハリを付けて
行くようにすることも効果的です。


初めてのことで一生懸命になることは大切ですが、
最初から完璧に出来る人は誰もいません。
出来ないからと自分で自分を否定することなく、
今の自分を認めてあげこともまた肝要なことであります。

誰もが大変な世の中です。
一人抱えることなく、
どうしようもない時、
逃げ出したくなったら
その環境から離れてみましょう。

先の長い人生
無理せず自分を大切にしていきましょう!