facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
冷え性につきまして。

寒い季節といえば冬でありますが、

現代は暑い夏でも寒さを感じる場面が多々あります。

代表的なものはエアコンであります。

オフィスや学校、公共施設は勿論、

各種交通機関の車内もかなり強めの

空調なことも多くあると思われます。

また、ライフスタイルの変化に伴い食品を調理保存するために

冷蔵庫の冷凍室を多用しておりますし、

外から疲れて帰ってきてからお風呂に入らず、

シャワーで簡単に済ませてしまうケースもあることでしょう。

そうなりますと、体を温める時間は一切なく、

そのままズルズルと季節は過ぎていき、

急に秋の気配を感じて寒さを覚えた頃には、

今では「秋バテ」などという言葉もあるくらいに、

体の重だるさや慢性的な疲れなど、

原因がよく分からない不調に見舞われたりしてしまいます。

そうしたことにならぬように、

夏場でも唯一体を温めることの出来るお風呂に入って体を温めるとともに、

水の浮力で体の疲れや滞った血行も促進させてあげましょう。

また寝るときに、絹製など通気性のよい靴下を履いて寝るのも効果的です。

また、当院では冷え性対策としまして、全身の鍼灸施術に加え、

「塩灸」と「棒灸」とを使用しております。

塩灸とは、竹の輪に粗塩を詰めたもので、その上にもぐさを置いて、

和紙を下敷きにお腹に乗せて体の芯までゆっくりと温めていきます。

また、冬場足の冷えが気になる方には、もぐさを紙の筒で巻いた

棒灸を使い足裏から柔らかなもぐさの熱で温めていきます。

冷え性でお悩みの際は、

ぜひ清瀬市の鍼灸院「豐春堂(ほうしゅんどう)」の

塩灸と棒灸をご活用ください。