facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
眼精疲労につきまして。

昨今の目の疲れというものは、

スマートフォンやパソコンといった機器に四六時中接するがゆえの、

いわば現代病であります。

例えば近くスマホの画面を見ようとしますと、

眉間にしわが寄り、

視線が内に向けられ目の周りが緊張して固くなります。

逆に遠くの景色を見ようとしますと、

眉間は広がり、

視線は外に向けられ緊張がほぐれてきます。

つまり、近くばかり見続けているために

絶えず目の周りが緊張しっぱなしということとなり、

結果として目の血行も悪くなり、

慢性的に目に疲れを感じるようになり、

そこから首のこりや頭痛を引き起こしてしまいます。

そうした時は、家での対処療法としまして、

お風呂の時に湯船につかりながら、

お湯で温めたタオルを目の上に置くのも効果的です。

また、当院では眼精疲労対策としまして、

目の周りの鍼灸施術に加え、

「塩灸」を使用しております。

塩灸とは、竹の輪に粗塩を詰めたもので、

その上にもぐさを置いて火をつけ、

コットンを台座にまぶたの上でジワリと目を温めていきます。

眼精疲労でお悩みの際は、

ぜひ清瀬市の鍼灸院「はりとお灸の豐春堂(ほうしゅんどう)」の

塩灸をご活用ください。