facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ

ツボ対策

梅雨だる対策のツボ。

日本の四季の有り様も、昨今は大分様変わりしてきまして、
特に春や秋を感じられる時期が本当に短くなったように
感じられます。
ようやく過ごしやすい季節を迎えたかと思えば、
そろそろ梅雨入りの声も聞かれようかという
時期にもなってきました。
梅雨と言えば、ほぼベッタリと低気圧が日本列島を覆い、
どんよりとした空模様が続く日照不足、長雨による高湿度、
日により気温が大きく上下する等々、
一年のうちで一番キツイ季節かもしれません。

梅雨時期は「風」「寒」「湿」を伴う季節でもあり、
これらは「痺症(ひしょう)」という人の体に悪影響を
もたらす原因となります。

「痺」とは詰まって通じないという意味で、
湿気の多い住環境、汗をかいた後に風に当たる、
水にぬれた後に冷たい空調を受けるなどが原因で、
体の流れが滞り、体調を崩すということを指します。

さらに現在もコロナ禍でマスクを常時着用、
これまでの心的ストレスも溜まっていることと
思われます。

そうした中におりますと、
「だるい」「体が重い」「憂鬱な気分」
「やる気がない」「疲れが抜けない」などという
所謂「梅雨だる」に陥りやすくなります。

また「梅雨だる」が蓄積してきますと、
「頭痛」「めまい」「肩こり」「むくみ」
「下痢」「微熱」「冷え」などをといった
自覚症状を伴う場合もあったりします。

ということで、今回は梅雨だる特有の原因のよく分からない
体の不調や慢性的な疲労感を取るのに役立つツボを幾つか
ご紹介いたします!

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、シンプルに今自分が気になる
体の場所や押してみて痛かったりする場所と、今回紹介しました
ツボの中で近い位置にあるツボへ、まずはお灸やツボ押しをして
みてください。

ツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。

湧泉三陰交足三里陰陵泉内関 合谷手三里曲池労宮
膻中中脘肓兪期門気海関元厥陰兪心兪肝兪三焦兪
腎兪志室天柱肩井

また日頃の対策としまして、ぬるめの温度でゆっくり長く入浴して
心身の疲れを取るのが良いでしょう。


合わせてお湯で温めたタオルを目に当てておくのもお勧めです。

お日様が出た日には日光浴をすることも
取り入れておきましょう。

またジメジメ蒸し暑い時期でもありますので、
食事の際はどうしても冷たいものを口が欲してしまいますが、
お味噌汁など一つは温かなものを摂り入れるように
しておきましょう。

他には、ストレッチをマメにしておくのも効果的です。
その中で、肩甲骨内側のゴリゴリ感、
私的には「気疲れのコリ」と呼んでおりますが、
そこのストレッチを紹介します。
まずは腕を水平位置にして、壁または何かに掴まります。
手の位置はそのままに、そこから体を一歩前に進みますと、
肩甲骨内側にグッと入る感じとなります。
或いはご自宅でストレッチポールを使ったり、
また、今は懐かしぶら下がり健康器のような
ものも良いかもしれません。

ともあれ、生活リズムを乱さず、日頃から疲れをため込まない
ようにすることが肝要となります。
本格的な夏を前に「梅雨だる」せぬよう気を付けていきましょう!

五月病対策のツボ。

新年度に入り、新天地での活動を始められた方も多い中、
それぞれ環境も大きく変わり、期待や不安、普段以上に
日々緊張感も抱えている状況で、気疲れすることも多い
ことと思われます。

更に加えて、環境に合わせた生活様式に慣れつつあるものの、
丸2年以上という長く続くコロナ禍での生活ということもあり、
未だ感染リスクに備えた行動制限の中、なかなか以前のように
思い動くことが出来ないこともあるでしょう。

そのような状況下、最初から張り切りいいところを見せようと、
身の丈以上に無理して頑張りすぎてしまい、
一生懸命駆け抜けて一か月を過ぎた頃に迎えるのが
大型連休ゴールデンウイークであります。

今年は休みの並びも良く、

コロナ感染に気を付けながらも
ある程度行動出来るようにもなってきておりますので、
少しは羽を伸ばせようかという感じでもあります。

唯ここで朝寝坊や夜更かしといった形で
生活リズムを一気に変えてしまいますと、

今までの緊張が一気に緩み、
途端これまで抱えていた疲労感と共に、
連休明けからまた日常に戻る憂鬱な気持ちなどから、
一気に「五月病」といったものに襲われる
などということにもなったりしかねません。

ということで、今回は五月病特有の原因のよく分からない
慢性的な 体の不調や、疲労感を取るのに役立つツボを
幾つかご紹介いたします。
特に精神的疲労に良いとされるツボを取り上げてみました。

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。

湧泉三陰交足三里陰陵泉曲泉内関神門
膻中中脘肓兪期門気海神道神堂心兪
筋縮肝兪腎兪天柱百会通天絡却 

五月病は生活リズムの乱れが大敵であります。
特に、平日と休日の就寝起床時間の大きなバラツキは
体内時計を乱してしまいます。

まずは休みの日もお昼近くまで寝るよりは、
午前中の時間を何かに活用できるくらいの時間、
少し早めに起きてみましょう。

その日何かしたという充実感を得て一日を終えますと、
また次の日も何しようかという意欲も湧いてきます。
特にまとまった休みでないと出来ない継続した趣味に
充ててみるというのもお勧めです。


それでも眠い時には、15~30分程度の昼寝で補うように
しましょう。

また、休日自宅内で一日過ごしてしまいますと、
どうしても運動量が落ち、日に当たる時間も
少なくなってしまいますので、日光浴も兼ねて
ウォーキングや散歩をしておくのもお勧めです。

そして合わせて、これまで過緊張の中にいたせいで、
体の力を抜くことが出来づらいと感じておりましたら、
広い空をぼんやりと眺め、空から降ってくるのを受け止めるように
自然に身を任せたリズムで呼吸を繰り返しますと、
段々体から余分な力が抜けていく感じを得てきます。

もし、今の環境にストレスを感じるようなことがあれば、
その環境から距離を置いたところに身を置いてみる、
例えば自分が落ち着ける場所、或いはパワースポット
みたいなところへへ行ってみるのも良いかと思います。


初めての場所で一生懸命に打ち込むことも大切ですが、
最初から完璧に出来る人は誰もいません。
出来ないからと自分で自分を否定することなく、
今の自分を認めてあげこともまた肝要なことであります。

新年度も始まったばかり、
焦らず無理せず自分の身の丈に合わせて
日々過ごしていきましょう!