facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
マスク疲れ対策のツボ。

新型コロナウイルス感染症の影響により、長らくマスク着用する
日が続いております。
寒い時期であればまだそれほど苦にはならなかったものの、
日に日に蒸し暑くなる中、息苦しくなる一方であります。

とはいえ、まだ人の密なところでマスクを外すことはリスクが多く、
一方でマスクを付ける時間が長ければ、付けることにさえストレスを感じ、
それにより息苦しさだけでなく、頭が痛い重い、耳鳴りがするなど
体の不調にも繋がってしまいます。

何よりこれから熱中症も心配される時期にもなりますので、
日頃からマスク着用に際し、特に体のケアも考えていかねば
なりません。

ということで、今回はマスク疲れから来るであろう
「頭痛・頭重感」「息苦しさ」「耳鳴り」といった
症状に役立つツボを幾つかご紹介いたします!


体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、シンプルに今自分が気になる
体の場所や押してみて痛かったりする場所と、今回紹介しました
ツボの中で近い位置にあるツボへ、まずはお灸やツボ押しをして
みてください。

各ツボは、アメーバブログ「はりとお灸の豐春堂ブログ」
木曜コーナー「お灸をしよう!」にリンクしております。
またツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。

頭痛・頭重感:神庭百会後頂風府曲鬢角孫完骨風池
通天曲差天柱懸顱懸釐天容気舎肩井肺兪曲池

息苦しい:中府膻中巨闕肓兪肺兪厥陰兪心兪腎兪志室
太淵孔最侠白陰陵泉三陰交

耳鳴り:角孫頭竅陰聴宮翳風天柱風池・耳鳴り調整点・天容
肓兪腎兪前谷陽谷太渓 
※耳鳴り調整点:天柱・風池と正三角形を結んだ位置。

まずはこの時期、マスク着用で一番注意しなければならないのは
「熱中症」であります。
室内は冷房が効いていて汗も出ないからと水分補給を怠りますと、
その間も人の体からは目に見えぬ形で水分は抜けていきます。
小まめに水分補給をしておきましょう!

そして、マスク着用の一番のストレスは息苦しさであります。
特にデスクワークが多い方は普段から背中を丸め気味のため、
浅い呼吸になりがちな上、マスクですと口呼吸をしがちとなり、
ますます息苦しさが増幅してしまいます。


そうした時は、マスクを外せる人のいないところへ移動し、
しっかりと胸を張る姿勢を作り、鼻から息を吸い、
お腹を膨らませるような呼吸を繰り返してみますと
頭もスッキリし、息苦しさも和らぎます。



その際、マスクで火照った顔を冷たい水で洗って
おくのも効果的です。


また、出かける際にマスクを装着するストレス軽減には、
香りづけが効果的です。
方法としましては、明日使うマスクとお好きなアロマオイルを
数滴垂らしたコットンを密閉できるビニール袋へ一緒に一晩
入れておきます。
そうしますと、翌朝マスクを付けた際に心地よい香りに包まれ、
気持ちよくお出掛けすることが出来ます。
特に、ご近所のドラッグストアでも手に入りやすいハッカ油は
スッとした清涼感ある香りでお勧めです!

まだまだマスク着用する機会が続くことと思われますので、
自分の体調を見極めて無理して着け続けないよう注意が必要です。
特に顔が赤らんできたり、あくびや眠気に襲われたり、
反応が鈍くなるなどが見受けられましたら脳温上昇、
熱中症の恐れもあります。
出来る限り心と体に負担ならないような工夫をしながら
マスクとの共存を図り、何とか乗り切っていきましょう!