facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ

活動

秋うつ対策のツボ。

秋分を過ぎますと、「秋の夜長」
いよいよ夜の時間の方が長くなってきます。


また近年の季節の変わり目は気候の変化が目まぐるしく、
秋や冬を行ったり来たり、時に夏に逆戻りといったことも
あったりします。

こうした季節になりますと、

「疲れが抜けない」
「いくら寝ても眠気がある」
「無気力で何もしたくない」
「気分が落ち込む」
「倦怠感が常にある」
「何をするにも億劫になる」
「ちょっとしたことでイライラが募る」
「いつもより食べ過ぎてしまう」

などいったことが慢性的に続くことがあります。


これは日照時間の減少などに伴う季節性の「秋うつ」ということも考えられます。

ということで、
今回は「秋うつ対策のツボ」を幾つかご紹介します!


体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。



うつ症状:百会肩井厥陰兪心兪膈兪脾兪胃兪腎兪膻中巨闕
中脘大巨関元内関神門湧泉三陰交足三里

疲労感:
天柱膻中期門中脘肓兪大巨合谷曲池湧泉三陰交
足三里心兪肝兪腎兪

気力減退:
百会天柱風池膻中中脘大巨大椎肺兪肝兪腎兪
合谷曲池太渓築賓足三里太衝

眠気をとる:
百会天柱風池巨闕期門中脘肓兪大椎肺兪膈兪
腎兪太渓三陰交足三里手三里

イライラを鎮める:
肩井肺兪心兪肝兪脾兪腎兪魄戸神堂魂門
意舎志室中府膻中巨闕期門京門肓兪足三里三陰交太渓



各ツボは、アメーバブログ「はりとお灸の豐春堂ブログ」の木曜コーナー
「お灸をしよう!」にリンクしております。
体の冷えと首肩こりは、それぞれの「対策のツボ」ブログをご参照ください。

また日頃の対策としましては、天気の良い日は軽い運動も兼ねた日光浴をしたり、
また家も一日中カーテンや雨戸を閉めっぱなしにせず、日光を取り込めるように
しておくことや、部屋の照明を明るめにすることも有効です。

食事の面では、うつの原因とも言われるセロトニン不足を補うトリプトファンを
含んだものがよいとされており、

白米、そば、パスタ、牛乳、豆乳、納豆、豆腐、油揚げ、高野豆腐、醤油、味噌、
チーズ、ヨーグルト、マグロ赤身、サケ、カツオ、アジ、 すじこ、たらこ、
豚ひれ肉、鶏むね肉、レバー、鶏卵、バナナ 、アボカドなどが挙げられます。

こうしてみますと、特に朝食に良さそうな食材も多くありますので、
バランスよく朝ご飯はしっかり摂っておきましょう!

秋うつの対策は、何より生活習慣の見直しがカギとなります。
つまりは日頃の生活習慣の乱れが「秋うつ」を誘発する
原因になるとも言えます。

コロナ禍による生活環境の変化や行動制限や気候変動による寒暖差などの急な変化もあり、
ストレスをため込みやすい世の中ではありますが、何事も心身が明るく楽しく元気良く
なければ始まりません。
無理せず怠らずで体を養生していきましょう!

頭痛持ち対策のツボ。

体の不調も色々とありますが、その中で「頭痛」というのは
意外と多くの方が抱えておられる症状の一つであります。

頭痛には一次性と二次性があり、
一次性はいわゆる「頭痛持ち」というものでありまして、
偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛といったものがあります。


また二次性は「原因のある頭痛」というもので、
中には「くも膜下出血」といった命にかかわる
ものもありますので、今までにない頭痛ならばかかりつけ医に、
突然の激しい頭痛の場合はすぐに、脳神経外科や神経内科に
受診するようにしてください。


ということで、
今回は一次性頭痛「頭痛持ち」に対しての対策となります。


昨今はパソコンデスクワーク中心の仕事が多く、
特にコロナ禍によりテレワークの比重も増え、
黙々と自宅でパソコンを前にする時間は、
むしろ会社の時より長いかもしれません。

更に日頃からスマホの見過ぎということも加わり、
それら画面のバックライトの光による目の負担は
かなりのものではないでしょうか。

その際の姿勢というのも決して良い姿勢とは言えず、
パソコンならば肩を内巻き背を丸め、
首を折り曲げるような形となり、
スマホは稲穂の首を垂れるように、
頭の重さを支え続けるような
形となりがちであります。

その他にも、心身のストレス・疲労・睡眠不足といった
生活習慣からくるものや、コーヒー・紅茶・緑茶・
ワイン・チーズ・チョコレートなどの過度な摂取といった
食生活が原因で起こることもあります。

ということで、今回は慢性的な「頭痛持ち」に良いツボを
幾つかご紹介いたします!

百会通天絡却上星攅竹陽白糸竹空頭臨泣目窓
頭維頷厭懸顱曲鬢和髎角孫完骨風池天柱
天容気舎肩井大椎風門中脘曲池合谷
足三里豊隆陽陵泉光明足臨泣

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、シンプルに今自分が気になる
体の場所や押してみて痛かったりする場所と、今回紹介しました
ツボの中で近い位置にあるツボへ、まずはお灸やツボ押しをして
みてください。

ツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。


偏頭痛の場合、患部を冷やし、出来る限り暗い場所で
横になり安静し、日頃からコーヒー等カフェインを
含む飲料などを摂り過ぎないことを心掛けましょう。

緊張型頭痛の場合、デスクワークなどで同じ姿勢を長時間せず、
首肩の血行を良くするストレッチをマメに行いましょう。
そして疲れ目や凝り固まった首肩を蒸しタオルで温め、
夏場もシャワー中心でなく、お風呂に浸かり体の緊張感を
取るように心掛けておきましょう。

コロナ禍の今、生活制限された中では自然と心身に負担が多くなり、
疲労感やストレスを抱えやすくなってしまいます。
今の状況下では頑張り過ぎても様々な障壁が大きく、
心身だけが疲弊していくばかりとなります。
いずれ時間と共にこの嵐も過ぎ去ることでありましょう。
その時のために今は心身に負担を掛け過ぎないように、
力を温存しておきましょう!


お顔ケア対策のツボ。

コロナウイルスが蔓延する中、日常生活は随分と様変わりしてしまいました。
特に外出時や屋内において飛沫感染防止の観点からマスク等は欠かせなくなり、
人と接する際に面と顔を見せ合うという機会がかなり減ってしまいました。

結果、これまでのように喜怒哀楽の表情を見せることもなかなか難しく、
またテレビなどのメディア情報を見れば明るい話題にも乏しく、
仕事先でもパソコンを前にするだけ、


更には帰宅後もスマホの画面ばかりを眺めていたりと、
気づけば無表情のまま一日を過ごしてしまったなど
ということにもなりかねません。


顔の表情は今の自分の状態を映し出す鏡であります。
健康状態であったり、気分であったり、生活環境であったりと、
人相は合わせて変化をして行きます。

ということで、今回は加齢や心身の疲れ、生活習慣の乱れなどに伴う、
主に顔のシワたるみ対策に役立つツボを幾つかご紹介致します!

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。


また、このご時世でご自宅から外出機会も少ない中にありますので、
置き鍼を活用しますとより効果的です。
(ご使用方法等に関しましては、どうぞお気軽にご相談ください)

各ツボは、アメーバブログ「はりとお灸の豐春堂ブログ」
木曜コーナー「お灸をしよう!」にリンクしております。
また「ツボの場所が分からない」など、何か分からないことが
ございましたら、どうぞお気軽に当院にご相談ください。

攅竹糸竹空瞳子髎睛明陽白四白・太陽・頭臨泣神庭
頭維頷厭懸顱懸釐下関顴髎巨髎迎香地倉大迎
承漿頬車翳風

また当院にて治療と合わせてお顔ケア(美容鍼)の施術も行っております。
ご希望の方はどうぞお気軽にお申し付けください。


マスク疲れ対策のツボ。

新型コロナウイルス感染症の影響により、長らくマスク着用する
日が続いております。
寒い時期であればまだそれほど苦にはならなかったものの、
日に日に蒸し暑くなる中、息苦しくなる一方であります。

とはいえ、まだ人の密なところでマスクを外すことはリスクが多く、
一方でマスクを付ける時間が長ければ、付けることにさえストレスを感じ、
それにより息苦しさだけでなく、頭が痛い重い、耳鳴りがするなど
体の不調にも繋がってしまいます。

何よりこれから熱中症も心配される時期にもなりますので、
日頃からマスク着用に際し、特に体のケアも考えていかねば
なりません。

ということで、今回はマスク疲れから来るであろう
「頭痛・頭重感」「息苦しさ」「耳鳴り」といった
症状に役立つツボを幾つかご紹介いたします!


体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。

各ツボは、アメーバブログ「はりとお灸の豐春堂ブログ」
木曜コーナー「お灸をしよう!」にリンクしております。
またツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。

頭痛・頭重感:神庭百会後頂風府曲鬢角孫完骨風池
通天曲差天柱懸顱懸釐天容気舎肩井肺兪曲池

息苦しい:中府膻中巨闕肓兪肺兪厥陰兪心兪腎兪志室
太淵孔最侠白陰陵泉三陰交

耳鳴り:角孫頭竅陰聴宮翳風天柱風池・耳鳴り調整点・天容
肓兪腎兪前谷陽谷太渓 
※耳鳴り調整点:天柱・風池と正三角形を結んだ位置。

まずはこの時期、マスク着用で一番注意しなければならないのは
「熱中症」であります。
室内は冷房が効いていて汗も出ないからと水分補給を怠りますと、
その間も人の体からは目に見えぬ形で水分は抜けていきます。
小まめに水分補給をしておきましょう!

そして、マスク着用の一番のストレスは息苦しさであります。
特にデスクワークが多い方は普段から背中を丸め気味のため、
浅い呼吸になりがちな上、マスクですと口呼吸をしがちとなり、
ますます息苦しさが増幅してしまいます。


そうした時は、マスクを外せる人のいないところへ移動し、
しっかりと胸を張る姿勢を作り、鼻から息を吸い、
お腹を膨らませるような呼吸を繰り返してみますと
頭もスッキリし、息苦しさも和らぎます。



その際、マスクで火照った顔を冷たい水で洗って
おくのも効果的です。


また、出かける際にマスクを装着するストレス軽減には、
香りづけが効果的です。
方法としましては、明日使うマスクとお好きなアロマオイルを
数滴垂らしたコットンを密閉できるビニール袋へ一緒に一晩
入れておきます。
そうしますと、翌朝マスクを付けた際に心地よい香りに包まれ、
気持ちよくお出掛けすることが出来ます。
特に、ご近所のドラッグストアでも手に入りやすいハッカ油は
スッとした清涼感ある香りでお勧めです!

まだまだマスク着用する機会が続くことと思われますので、
自分の体調を見極めて無理して着け続けないよう注意が必要です。
特に顔が赤らんできたり、あくびや眠気に襲われたり、
反応が鈍くなるなどが見受けられましたら脳温上昇、
熱中症の恐れもあります。
出来る限り心と体に負担ならないような工夫をしながら
マスクとの共存を図り、何とか乗り切っていきましょう!


免疫力を上げるツボ。

東洋医学におきまして、「治未病」すなわち本格的な病になる前に
治しておくということがあります。
病が軽いうち、或いは少し調子が落ちてきたという時に対処しておけば
元の体に戻るのも早く、普段の生活を続けることが出来ます。

しかしながら、仕事などでどうしても無理をしてしまったり、
不摂生な食事や生活を続けてしまいますと病が進んでしまい、
気づけば症状重く、回復させるのにも時間がかかってしまい、
普段の生活もままならなくなってしまいます。

ということで、今回は日頃から免疫力を高めておき、
病になりにくい体にしておく方法の一つとしまして、
幾つかのツボをご紹介します!

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。

各ツボは、アメーバブログ「はりとお灸の豐春堂ブログ」の
木曜コーナー「お灸をしよう!」にリンクしております。
またツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。

気力を上げる:百会天柱風池中府膻中中脘大巨気海大椎
肺兪肝兪腎兪志室命門太渓築賓足三里合谷曲池

体力を上げる:膻中中脘肓兪大巨関元肝兪腎兪命門湧泉
太渓陰谷築賓陽池

精力を上げる:膻中中脘肓兪大巨関元肝兪腎兪志室命門
湧泉太渓地機陽池

生活の上で免疫力向上の肝は、
「よく食べ・よく寝て・よく出す」
つまりは食事・睡眠・排泄のリズムを
崩さないことであります。

また適度な運動やストレッチで体を動かし、
普段から腹式の深呼吸を心掛けましょう。
今は人の多くいるところは避けると考えれば、
例えば日の出も早くなってきましたので、
早朝ウォーキングでしたら朝日も浴び、
その途中でストレッチやラジオ体操を加えれば、
朝の始まりのリズムを作りやすくなります。

そして日々暮らす中でよく笑い、日々感謝しながら
「明るく楽しく元気良く」
一日を過ごすことも大切なことであります。
そうした日々の積み重ねが、体の血の巡りを良くし、
体温を上げ免疫力の向上へと繋がっていきます。

現在コロナウイルスの影響で心身ともに疲弊しやすく、
誰も体験したことのない大変な時ではあります。
それまで自分の免疫力を高め、自身は病になりづらく、
且つ相手にも病を移さぬように、どうにか厳しい時期を
踏ん張っていきましょう!

ほうしゅんどうイメージキャラクター「ほーちゃん」

このたび開業十周年を記念しまして、寿杏(ことぶきあんず)さんに、
ほうしゅんどうのイメージキャラクターを作成していただきました。
名前は「ほうしゅんどう」と、そのフクロウのような風貌から
「ほーちゃん」と命名してみました。
これからも「ほーちゃん」のように、皆様の気になるところを
良く観れるように、言葉にキチンと耳を傾けられるように精進
していく所存です。
今後とも当院ともども「ほーちゃん」を末永く宜しくお願い致します 。

LINEトークからのご相談承ります。

日頃から心身の痛みや辛さなど気になることがございましたら、
当院LINEの「トーク」よりどうぞお気軽にご相談ください。
少しでもお役に立てれば何よりです。

友だち追加

【腰痛】対策のツボ。

腰痛は、日頃から多くの方が持つ悩みであります。
来院された痛みのきっかけ をお伺いしますと、
「 長時間のデスクワーク が多い」
「不意に下の物を拾おうとした際」
「物を持ち上げようとした時」
「椅子から立ち上がろうとして」
「余り運動していない」
「胃腸の調子が良くない」
「ストレスが多く抱えている」など様々な声があります。

腰痛は「ガクッ」「ピリッ」「グキッ」と
表現するような体の発する注意信号があります。
そうした時は素直に体の声に耳を傾け、
本格的な痛みとなる「未病」のうちにキチンとケアをしておきましょう!
そうした時にお役に立てるのが「はり灸」です。

はりとお灸は痛くなった時は勿論、痛くなりそうな時も未然に防ぐことを
お手伝いできる施術です。
お悩みお困りの際はどうぞお気軽にご相談ください。

主な効能のあるツボ
(クリックしますとブログ「お灸をしよう!」にリンクします)
腎兪大腸兪次髎承山飛陽跗陽居髎環跳足三里 など


また日常の腰痛予防対策としまして、
「早歩きのウォーキング(通勤やお買い物以外で)」
「膝に前に出さないようにお尻を下げていくスクワット 」
「股関節周りのストレッチ 」
「仙骨付近を温める」など簡単に出来るところから改善していきましょう。

【首こり】対策のツボ。

首こりは、 最近 多くの人に見受けられるようになってきました。
来院された痛みや辛さのきっかけ をお伺いしますと、
「スマートフォンをかなりの時間見ている」
「パソコン仕事が中心」
「同じ姿勢で座り続けていることが多い」
「腕を肩より上に上げることが少ない」
「首がストレートネックと言われた」など様々な声があります。

首こりは、スマートフォンやパソコン中心となった生活の中で起きた
所謂「現代病」とも言えるかもしれません。
仕方ないで済ませておりますと、頭痛や肩甲骨まわりの慢性的な重だるさ、
肩が上がりづらくなったりもしかねません。
そうした時は素直に体の声に耳を傾け、
どうにかなりそうなこり感「未病」のうちにキチンとケアをしておきましょう!
そうした時にお役に立てるのが「はり灸」です。

はりとお灸は辛くなった時は勿論、そろそろ辛くなりそうな時も軽くなるようお手伝いできる施術です。
お悩みお困りの際はどうぞお気軽にご相談ください。

主な効能のあるツボ
(クリックしますとブログ「お灸をしよう!」にリンクします)
天柱風池肩中兪肩外兪肩井天窓天容天宗

また日常の首こり予防対策としまして、
「腕を肩より上に上げるストレッチ」
「手を真横に伸ばし、肩甲骨の間を縮めるストレッチ」
「顎が突き出す姿勢にならぬよう注意する」
「両肩が内側に入らぬように姿勢に気を付ける」
など簡単に出来るところから改善していきましょう。



【冷え性】対策のツボ。

冷え性は、特に女性の方に多く見受けられます。
来院された辛さのきっかけ をお伺いしますと、  
「オフィスや通勤電車など空調が強いところにいる」
「お風呂に入らずシャワー中心」
「冷たいものをつい飲んでしまう」
「ストレス緊張感が抜けない」
「生活リズムが不規則」
「生理不順」など様々な声があります。

冷え性は、特に日頃の生活習慣や環境からの影響が積み重なってきたもので、
いつも冷えているのが当たり前ではなく、実は体が「冷えてますよ」
という注意サインを常に発信しているということなのです。
そうした時は素直に体の声に耳を傾け、
冷えは万病のもと!「未病」のうちにキチンとケアをしておきましょう!
そうした時にお役に立てるのが「はり灸」です。

はりとお灸は冷え性を抱えている時は勿論、季節柄寒さが気になりそうな時
にも手伝いできる施術です。
お悩みお困りの際はどうぞお気軽にご相談ください。

主な効能のあるツボ
(クリックしますとブログ「お灸をしよう!」にリンクします)
腎兪大腸兪志室上髎次髎中髎下髎湧泉太渓三陰交築賓など

また冷え性予防対策としまして、
「毎日お風呂で湯船につかる」
「特に冬場は根菜類など季節の食材を摂る」
「 緑茶やコーヒーなど体を冷やすものは控えめにする」
「仙骨付近を温める」
など簡単に出来るところから改善していきましょう。