facebook はりとお灸の豐春堂

LINE@で、
友だち限定の情報を配信しています!
友だち追加のQRコード

  • HOME
  • > お知らせ
安閑無事。

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言の中、
皆様の日々の御心労お察し申し上げます。

安閑無事(あんかんぶじ)
これまで平凡でつまらない日々と感じていたことも、
実は大した心配もなく、穏やかに暮らしていたことが
如何に尊いことであるかを今回改めて気づかされました。

大変な最中にありますので、
無理せずくれぐれも、お体をお厭いください。

はりとお灸の豐春堂 鍼灸師 西山 豐

新型コロナウイルス感染症の対応につきまして。

現在、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、
当院は以下のような取り組みを行っております。

・施術者の毎朝の検温及び健康チェック
・手洗いうがいの徹底
・手指消毒の徹底、施術中マスク着用
・完全予約制による施術
・ディスポーザブル鍼の使用
・使用器具の消毒、枕ディスポペーパー使用
・こまめな窓を開けての室内換気の実行
・待合室に手指所毒液の設置
・手に触れる箇所への消毒散布など

今後も今出来ることを実行継続していく所存です。

施術室の窓換気中
縁側廊下の窓換気中
待合室手指消毒剤とクレベリン
手指消毒剤と器物建物用消毒剤

また直接来院が不安な方で、お体の痛みや辛さお悩みなどございましたら、
お電話やメール、当院LINE公式アカウントよりお気軽にご相談ください。

世界中が今まで経験したことのない大変な状況にあります。
くれぐれもご無理なさらず、どうぞお体をお厭いください。

免疫力を上げるツボ。

東洋医学におきまして、「治未病」すなわち本格的な病になる前に
治しておくということがあります。
病が軽いうち、或いは少し調子が落ちてきたという時に対処しておけば
元の体に戻るのも早く、普段の生活を続けることが出来ます。

しかしながら、仕事などでどうしても無理をしてしまったり、
不摂生な食事や生活を続けてしまいますと病が進んでしまい、
気づけば症状重く、回復させるのにも時間がかかってしまい、
普段の生活もままならなくなってしまいます。

ということで、今回は日頃から免疫力を高めておき、
病になりにくい体にしておく方法の一つとしまして、
幾つかのツボをご紹介します!

体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。

各ツボは、アメーバブログ「はりとお灸の豐春堂ブログ」の
木曜コーナー「お灸をしよう!」にリンクしております。
またツボの場所が分からないなど分からないことがございましたら、
どうぞお気軽に当院にご相談ください。

気力を上げる:百会天柱風池中府膻中中脘大巨気海大椎
肺兪肝兪腎兪志室命門太渓築賓足三里合谷曲池

体力を上げる:膻中中脘肓兪大巨関元肝兪腎兪命門湧泉
太渓陰谷築賓陽池

精力を上げる:膻中中脘肓兪大巨関元肝兪腎兪志室命門
湧泉太渓地機陽池

生活の上で免疫力向上の肝は、
「よく食べ・よく寝て・よく出す」
つまりは食事・睡眠・排泄のリズムを
崩さないことであります。

また適度な運動やストレッチで体を動かし、
普段から腹式の深呼吸を心掛けましょう。
今は人の多くいるところは避けると考えれば、
例えば日の出も早くなってきましたので、
早朝ウォーキングでしたら朝日も浴び、
その途中でストレッチやラジオ体操を加えれば、
朝の始まりのリズムを作りやすくなります。

そして日々暮らす中でよく笑い、日々感謝しながら
「明るく楽しく元気良く」
一日を過ごすことも大切なことであります。
そうした日々の積み重ねが、体の血の巡りを良くし、
体温を上げ免疫力の向上へと繋がっていきます。

現在コロナウイルスの影響で心身ともに疲弊しやすく、
誰も体験したことのない大変な時ではあります。
それまで自分の免疫力を高め、自身は病になりづらく、
且つ相手にも病を移さぬように、どうにか厳しい時期を
踏ん張っていきましょう!

11月の休診日につきまして。

11月の休診日は、3日(祝火)・4日(水)・11日(水)・18日(水)・
23日(祝月)・25日(水)となっております。

日も短くなり、これから次第に寒さも増してくることと思われます。更に空気も乾燥してきますと、風邪やインフルエンザへの注意も必要となってきます。
今年はコロナ禍の中にあり、より一層の体調管理への気配りが肝要です。
まずは無理して体力を消耗し過ぎず、出来る限り栄養と睡眠を確保するように心掛けていきましょう。

10月の休診日につきまして。

10月の休診日は、7日(水)・14日(水)・21日(水)・28日(水)となっております。

長梅雨、猛暑、台風と月ごとに季節感がガラリと変わることが続いております。そうなりますとなかなか季節に体がついて行けずに、慢性的に不調を訴えることも多くなりがちです。こうした時は特に生活リズムを乱さぬことと、新しいことを無理に取り入れないようにすることが肝要です。
生活の変化というものは、気力体力を大きく消耗しますので、自分の状態が万全ではないと思ったらまずは体のことを第一に考え、無理に進まないように気を付けて行きましょう。

秋(冬)うつ対策のツボ。

秋分を過ぎますと、いよいよ夜の方が長くなり、
それに伴い冷え込みも少しずつ強まってきます。


また近年は秋が短く、急に冬の訪れといったような
ことも多くなってきております。

そんな中、
慢性的に 。。。

「疲れが抜けない」
「いくら寝ても眠気がある」
「無気力で何もしたくない」
「気分が落ち込む」
「倦怠感が常にある」
「何をするにも億劫になる」
「ちょっとしたことでイライラが募る」
「いつもより食べ過ぎてしまう」


などといった症状が続いていることがあります。
これは日照時間の減少などに伴う季節性の
「秋(冬)うつ」ということも考えられます。

ということで、今回は「秋(冬)うつ対策のツボ」を
幾つかご紹介します!


体は声を発しませんが、代わりに痛みや辛さで訴えてきます。
どのツボが良いかと迷われる時は、今回紹介しましたツボの中から
今の自分が気になったり痛かったりする場所に近いところを選び、
まずはお灸やツボ押しをしてみてください。



うつ症状:百会肩井厥陰兪心兪膈兪脾兪胃兪腎兪膻中巨闕
中脘大巨関元内関神門湧泉三陰交足三里

疲労感:
天柱膻中期門中脘肓兪大巨合谷曲池湧泉三陰交
足三里心兪肝兪腎兪

気力減退:
百会天柱風池膻中中脘大巨大椎肺兪肝兪腎兪
合谷曲池太渓築賓足三里太衝

眠気をとる:
百会天柱風池巨闕期門中脘肓兪大椎肺兪膈兪
腎兪太渓三陰交足三里手三里

イライラを鎮める:
肩井肺兪心兪肝兪脾兪腎兪魄戸神堂魂門
意舎志室中府膻中巨闕期門京門肓兪足三里三陰交太渓



各ツボは、アメーバブログ
「はりとお灸の豐春堂ブログ」の木曜コーナー
「お灸をしよう!」にリンクしております 。

また日頃の対策としましては、
天気の良い日は軽い運動も兼ねた日光浴を心掛け、
また家も一日カーテンや雨戸を閉めっぱなしにせず、
日光を取り込めるようにしておくことや、
部屋の照明を明るめにすることも有効です。

食事の面では、
うつの原因とも言われるセロトニン不足を補う
トリプトファンを含んだものがよいとされており、
白米、そば、牛乳、豆乳、チーズ、納豆、豆腐、
油揚げ、マグロ、カツオ、アジ、 すじこ、たらこ、
バナナ などが挙げられます。

こうしてみますと、朝食に良さそうな食材が多くあり、
やはり朝ご飯はしっかり摂っておくことが大切なようです。

秋(冬)うつの対策は、生活習慣の見直しがカギとなります。
ということは、日頃の生活習慣の乱れが
「秋(冬)うつ」を誘発する原因になるとも言えます。
昨今なかなか一定の生活リズムを作りづらい世の中ではありますが、
何事も心身が明るく楽しく元気良くなければ始まりません。
無理せず怠らずで体を養生していきましょう!


1 2 3 6